白血病と闘った母と、その家族+わんこの日記です。わたくしの愚痴ブログになりつつあります(^_^;)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
力を抜こう
2007年10月15日 (月) | 編集 |
今日2回目の更新です。


最近ちょっと思っていることを
つらつらと書こうと思います。


最近あることがきっかけで、気付いたことがありました。

先月くらいから外へ遊びにでかけるようになり、
そろそろ将来のことも考えなきゃなと思って
ハローワークとか通ってました。


でも、なぜか心の中がモヤモヤとしていて
体調もすぐれず異常な肩こりや眩暈・ふるえがあったりしました。


疲れるはずないのに、なんでだろうとずっと思っていたんですけど
習字をしている時に気付きました。
筆を持つと震えるんです。
力を抜いて書かなきゃいけないのに、書けないんです。


自分で自分を追い込んでいて、変に力が入っていました。


正直仕事をする気にまだなれず、勉強しようかなと考えてます。
それで授業料が無料になる職業訓練校を申し込もうと
ハローワークに行って相談しにいきました。もうすぐ29歳という
微妙な年齢を伝えたら、正社員を目指して働いた方がいいと言われました。
すぐ人に影響されやすい私はここで不安になってしまったんですね。


あと、いつも母のために何かしなきゃと思いながらも
具体的に何をすればいいのか分からず、気ままに過ごす毎日に
罪悪感を感じて精神的なスパイラルに陥ってました。


これじゃいけない、、、、
思い直すことにしました。


「今の自分にできること、やりたいことを少しずつでもいいからしよう」
これは母の闘病中に心がけていたことです。
原点?に戻ろうと思いました。


今は家の片づけをちょっとずつしています。
母の私物にはまだ触れる勇気がありませんが、台所など気になってたところを
たくさん本を読んで研究したり、いろいろ測って構想を練ってます。
それだけでも集中できて気分転換になってます。


仕事に対しても、ここまで来たら焦っても仕方ないなと
開き直るようにしてます。
取りたいと思う資格があるので、
まずはそれを取ることを目標に頑張ってみようと思います。


自分に自信がないので、今までのことを否定していました。
でも、尊敬する母に育ててもらった。
ちゃんと今までやることをやってきた。
そういうことを自信にして、前を向こうと思います。


今まで頑張ろうと焦っていたのかもしれません。
前へ進もうと必死に心だけ走っていて息切れしてたのかもしれません。
もう少しゆっくり自分のペースで歩いていこうと思います。


考えすぎないように、力を抜くって
けっこう難しいですよね。
でも自分で気付けただけでも良かったと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
★友さん、ありがとうございます。


自信=自己信頼という発想がなかったので
なるほどなぁと思いました。
どんなに小さい目標でも、持てばちょっとでも
前に進んでいるんだと最近思うようになりました。


★donasamaさん、ありがとうございます。


彼氏かぁ・・・・(θωθ)
ま、まずは自分が楽しむことが一番ですよね!
頑張ります♪
タヒチ旅行羨ましいです~~~
楽しんできてくださいね!!

2007/10/21(Sun) 22:16 | URL  | 黒コギ #StTObYlw[ 編集]
お久しぶりで~す!
黒コギさん頑張り過ぎたのね。
仕事はしてた方が気分転換になるからオススメだけど、
1番リラックス出来るのはやっぱり彼氏かな?
いい出会いをする為にも色々な所に
出かけたりチャレンジするのは必要だけど
何をするにも自分が楽しむ事が1番だよ~

仕事は正社員に拘らずダメなら辞める気持ちで
まず1ヶ月目指して頑張ってみる方がいいかもね?

来週火曜日からタヒチに行きますから
今月の更新は今日が最後ですが
帰国したら少しずつ更新するつもりですので
また遊びに来てくださいね~

2007/10/18(Thu) 15:50 | URL  | donasama #a2H6GHBU[ 編集]
はじめまして。タグ「自信」からお邪魔しました。自信とは何でしょう。
20歳ごろ、劣等感にさいなまれた私は、自信が無くて・・・。
そんな時、「自信とは自己信頼だ。」という言葉に出会いました。自分の何を信頼するのか。普通、何ができるか、出るであろう結果を基準に、自信を語ります。
しかし、結果はやってみなければ分からないことで、分からないことを基準に、自信があるとかないとか・・・。ありようがないわけで。
そうではなくて、「動機」・・・こうしたいと思う心の純粋さとか、その心への誠実さこそが自信の基準ではないでしょうか。
それから私は、自分の事を、前向きに肯定的に捉えることができ、自分を好きになることができ、生きてきました。
今、どうしたら障害のある若者が、自信、自分を信頼して、生きていくことが出来るのか、悩みながら格闘中です。
まだ、黒コギさんのことは、少ししか読んでませんが・・・。
要らないお世話だったらお許し下さい。
よろしかったら、わたしのburoguへも、おいで下さい。urlからどうぞ。
お邪魔しました。
またゆっくり、お母さんのことを聞きに来ます。
2007/10/18(Thu) 02:37 | URL  | 友さん #-[ 編集]
★こももんさん、ありがとうございます。


そうですね、気付いただけでも
良かったと思います。
このままの状態が続いていたら
後からドンと大きな衝撃がきてたと思います。
仕事をしていても悩みは尽きないですよね~
2007/10/17(Wed) 23:44 | URL  | 黒コギ #StTObYlw[ 編集]
気付くことができたなら少しづつでも前に進めると思いますよ。

ちゃんと仕事についていても悩みは尽きなくて、何度も辞めたいと思ったりしています。
そのたびに今度はどんな仕事をしようかな~なんて妄想しながら日々を送っています。ある意味逃避なんですけどね~(^^ゞ
2007/10/16(Tue) 00:40 | URL  | こももん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/15(Mon) 10:56 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。