白血病と闘った母と、その家族+わんこの日記です。わたくしの愚痴ブログになりつつあります(^_^;)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に
2008年01月15日 (火) | 編集 |
また少し間が空いてしまいました(@A@)
今週から学校へ行き始め、3連休も忙しかったので
なかなか更新できませんでした。


ちょっと今日はまた愚痴?というか
葛藤?から書こうと思います。



昨日は久々にお風呂の中で号泣しました。
ここ最近は母のことを深く思い出すこともなく
落ち着いていましたが、昨日はなぜか
涙が止まらず今朝起きたら瞼が腫れていて
外へ出るのが危険なくらいでした(@A@)


この3連休は、土曜日に1日中簿記学校で受講し
日曜日には後輩の結婚式、月曜日は高校の友人と会いました。


日曜日に参加した後輩は、数年前にお母様を病気で亡くしていて、
式は素晴らしかったのですが、お父様の最後のスピーチを聞いて、
いろいろ考えてしまいました。


10年くらい付き合っての結婚だったそうで、その間に
お母様の病室にもお見舞いに揃って行って、紹介が出来たそうです。
お母様は安心して旅立たれたという話を聞いて、
私も安心させたかったなぁと思ってしまいました。


そして、昨日会った高校の友人2人は、
数ヶ月に1度と定期的に会っているのですが
2人とも働いていて仕事が大変そうです。
会うと仕事の愚痴を大半は聞くことになり、
それはそれで知らない世界が知れてタメになるし
友人のストレス発散になればと思って聞いています。


でも、そんな2人の辛さはどこか私には別次元のもので
以前に比べて私自身が冷たくなったというか
感情が薄くなったような気がしました。


仕事の辛さも、その2人が認められてるからこそ仕事の量や質が
増えて責任感も増しているからであって、
乗り越えればきっとパワーアップできるだろうと思えることが
多く、私には羨ましいとさえ感じました。


モチロン毎日のことですから、本人達の大変さや
辛さは人それぞれだとは分かりますが・・・


他人と比べちゃいけないと思いつつ、
その2人の家庭環境があまりに安定していて、
私の辛さは分かってもらえないだろうなぁと
なんだかヒトリで暗くなってしまいました。


母のことがあって以来、私はちょっと他人に興味が薄くなり
喜怒哀楽の感情も少なくなった気がします。
それは多少のことがあっても動じなくなった、という長所でもあり
短所でもあるのかなと思います。


外では自分の感情を発散せず、家で母に話をすることで
バランスを取っていたので、無性に母が恋しくなって
お風呂で号泣したのだと思います。
たまに泣いて毒素を取らないとダメなのかもしれません。


とにかくこれはどうしようもないことですから、徐々に
これからはどうすればいいのか
自分でゆっくり整理しようと思います。


久々に愚痴ってしまいましたm(__)m



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
★こももんさん、ありがとうございます。


こももんさんもカラオケ好きなんですね。
お互いに泣く時は泣いて、発散するしかないですね!!!
環境が違うからこそ客観的に愚痴を言い合える
こともあるかもしれないですね。。。
私も自分の中でうまく消化していけるよう頑張ります!
2008/01/30(Wed) 16:46 | URL  | 黒コギ #StTObYlw[ 編集]
母が亡くなってずいぶん経ちますが、号泣することはありますね。
実はカラオケ好きなんですが、亡くなった当初は「秋桜」を歌っては泣いていました。とゆうかまともに歌えませんでした。
歌詞の内容に共感することもあったり、歌詞のように結婚してありがとうを言うことができなかったりと、色々こみ上げてきては泣いてしまいました。
そして未だによく泣きます。

泣くことで精神のバランスがとれるのだからいいことだと思います。
これからもお互いに泣きましょう(笑)

中学からの友人とたまに会ってはお互いの近況と愚痴を言い合います。
お互いに立場や職種は全く違いますが、それだから客観的に話を聞けてアドバイスができていると思います。
私には嫁姑問題も、障害のある子を持つ親の気持ちも本当のところで理解できるものではないですから・・・
なので本当の悩みは自分で考えて、答えを見つけて、決着をつけるようにしています。お互いにそうだと思います。
でもたまに会って愚痴を言える関係っていいもんですよ。
黒コギさんも負けずに愚痴れるように頑張ってくださいね。
2008/01/26(Sat) 00:35 | URL  | こももん #-[ 編集]
いつもお返事遅くなってすみませんm(__)m


★ぽんぽんさん、ありがとうございます。


やはり母のことがあってから、価値観が変わったように
思います。でもこれは悪いことではないですよね。。。
泣くことは大事なことだと最近は思うようにしています。
お互いに頑張りましょうね。
旅行レポートを長々と書きましたので、良かったら
読んでくださいね(´∀`)


★piroさん、ありがとうございます。


緊張で張り詰めている状況だからこそ、
なかなか泣けないですよね。
私も母が闘病中は常に気を張っていたので
少しだけですがお気持ちが分かる気がします。
あと、私もヒトリで泣くことが多いです。
「蕾」は歌詞が母のことを連想させる部分が多くて
たまに車で聴きながら泣いてます。
コブクロはよくカラオケで歌うんですけど
どうしてもこの歌だけは歌えません。
レコード大賞を取った時には感動しました。
「東京タワー」は辛くて観れませんでした・・・


2008/01/24(Thu) 00:32 | URL  | 黒コギ #StTObYlw[ 編集]
黒コギさん、すごーく共感します。
やっぱり友達の環境と自分の置かれている環境では明らかに違っていて、悩みの種類というか深さが全く違うので話しても(聞いても)お互い受け流す感じになってしまいます。比べても仕方ない、と頭では理解出来ているつもりなので上手にやり過ごすことが出来る日といろんなストレスが溜まってすごーく卑屈になって「自分だけ・・」と思ってしまう日とあります。
おまけに私は泣くことがすごく苦手なんです。
母が発病した時と父の葬儀以外では家族の前では泣いてません。
泣いたらギリギリ張り詰めている糸が切れてしまいそうで怖いのです。
でもドラマとか歌とか間接的には結構泣けます。これで涙腺をコントロールしているのでしょうか?!実は一人で紅白を見ててコブクロの「蕾」でかなり泣きました。お母さんの歌なので母のことも考えるし、父の最期が「東京タワー」のおかんの最期とほぼ同じだったので父のことも考えてしまいます。必ず泣くけど不思議と何度でも聞きたくなる歌です。(「5296」買いました)
2008/01/17(Thu) 08:53 | URL  | piro #-[ 編集]
黒コギさんこんばんは。
うまくお伝えできないかもしれないけれど、
私は黒コギさんの気持ちわかるような気がしています。
母親を亡くすという大きな出来事のあと、
他のことが麻痺するというか、大きな喜びや感動が
以前のように響かないというか・・・
これではまずいと思うのですが、徐々に起動修正できるのでしょう。
焦らずいきましょうね。
あと、私もたまにオオ泣きします。
でも誰にも迷惑かけないんだからいいですよね。
明るく振舞うのも(演技でも)必要なときはそうしましょう。
旅行楽しんでくださいね。
またご報告まっています。  ぽんぽん
2008/01/15(Tue) 21:19 | URL  | ぽんぽん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。