白血病と闘った母と、その家族+わんこの日記です。わたくしの愚痴ブログになりつつあります(^_^;)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やられました
2008年02月16日 (土) | 編集 |
本日2回目の更新です。


今日、久々に「オーラの泉」を見ちゃいました。
柳原可奈子ちゃんがゲストだったんですけど、
2年前にお母様を病気で亡くしていたことを
知らなかったので、つい自分とカブるなと思って
見ちゃいました。



昔は母がよく観ていたのですが、
今の私が見たら号泣だろうなと思って
あえて避けていたのですが・・・



案の定、見ながら号泣しちゃいました。
かなり似た心境な部分もあって、
美輪さんや江原さんの言葉が心にずっしりときました。


前読んだ本に、今の自分にふさわしい言葉・必要な言葉は
たまたま偶然開いた本のページやテレビから
自然と伝わると書いてあって、
あぁこの番組見たのは母が私に気持ちを伝えたかったのかなと
思ってしまうくらいでした。


いろいろな印象的な言葉が残っていますが、
ここでは全部書けないです。。。


やっぱり、母の気持ちを考えたら、
娘の私が幸せなことが一番なんだよなぁと思いました。
親孝行のためにも、楽しく過ごさなきゃですよね。


最近、また父に対して優しくなれない自分に悩んでました。
それで、ストレス感じてかご飯食べまくって2キロ増えたりして
また自己嫌悪と、マイナススパイラルに陥ってました。


父が相変わらず私に対して極度に干渉してくるので、
本当にウザイ。私が結婚でもしたら一人になったときどうするの?と
いらぬ心配までこっちがしてしまう始末でした。


ひとつため息ついただけで、「どうした?何かあった?」と聞かれ、
簿記の学校に通ってるのに、家に居ないで出かけてばかりで・・・と嫌味を言われ
飲み歩いてるわけでもないのに、遅く帰るとキレられて・・・
やっと仕事をしようという気持ちにもなって、来月以降に転職活動を
しようと思っているのですが、父はそれにも反対してます。
無理に働くな、と言います。
大人しく家に居ろと言うのです。
ま~~相変わらずな異常事態です。


普通の親はここまで心配しないよ?家にずっと居ることは異常だよ?と
何度も私もキレながら諭しますが、
親は心配して当たり前だ。他の家が異常なんだと言って聞き入れません。
だから、私もどんどん気持ちが落ち込んで父としゃべらなくなったり。


よっぽど今話題の本「親の品格」を買って読ませようかと思ったり。。。
(私も立ち読みしただけですが、参考になりそうなので今後購入予定です)


でも、他に「求めない」という本を読んで
あぁ父に対して求めすぎてたなぁとまた力が入ってたことに気付きました。
結局、自分以外のことを気にしすぎて、父に対しても
考え方を変えて欲しい・どうしたら私のことを放っておいてもらえるのかと
他人を変えることばかり考えてました。
でもそれって結局甘えてるだなと思いました。



まずは自分が変わらなきゃ。


自分が心配されないようなヒトになればいいんですよね。。。


よく母から、自分が変わらなきゃ周りは変わらないよと
言われていたことを思い出しました。
まさにその通りですよね。


父に対しても、もう少し優しく接せられるように、
大人な対応できるようにしたいと思います。
2月25日は父の誕生日なので、何かあげようかな。


家を出ることも考えましたけど、チョコのことや
いろいろ考えるとまだ難しいです。
まずは、仕事をしたり家から出て外の世界に触れたいと思います。


また愚痴っちゃいましたm(__)m



ちなみに本のご紹介です。






『求めない』 加島祥造『求めない』 加島祥造
(2007/06/29)
加島 祥造

商品詳細を見る



親の品格 (PHP新書 495)親の品格 (PHP新書 495)
(2007/12/15)
坂東 眞理子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
★westさん、ありがとうございます。


お誕生日同じだったんですね!!
westさんもおめでとうございます!
すごい偶然ですね。。。
父も私もいい年なので、子・親離れをしないとです。


★じおんの妻さん、ありがとうございます。


同じお話を聞いてらっしゃるのは、偶然では
ないのかもしれないですね。
仏様になる・・・という感覚は私もちょっと理解できます。
まだまだですけれど、母が仏様になれるように
私も思い出や想いを昇華できればと思っています。


★donasamaさん、ありがとうございます。


今回オーラの泉を観たのは本当に母が入院する以来くらい
久々にちゃんと観ました。今まで避けていたのかも・・・・
でも、今回は観て良かったです。
父は表現が下手で不器用なヒトなんだと分かっては
いるのですが・・・親子だからこそ、難しいですね。


★piroさん、ありがとうございます。


piroさんのお父様はちゃんとpiroさんのこと
分かってくれていると思うので、きっと許してくれてますよ。
私も、だんだん簡略化してきているので、
ちょっと母が怒ってるかなと反省しつつ許してねと
心の中で思ってます(^_^;)
父は娘を嫁に出すことが父親の責任と思っているらしく
結婚はさせたいと思っているようです。
でもそうは言っても矛盾している発言ばかりで
本当に私は困惑してしまいます。。。。。ハァ


★いとうさん、ありがとうございます。



いとうさんのお気持ち、すごくよく分かります。
私も父との葛藤、何度もこのブログで愚痴ってきました。
私も父が昔気質のやっかいな性格だと分かっていて
あえて母を間にしてまともにぶつかることをしてませんでした。
でも母が闘病して、初めて二人きりで生活するように
なって、当初は母が一番辛いんだからと耐えていましたが、
母が亡くなってからは父との関係に答えが見出せず
今も葛藤しています。
私の気持ちをぶつけて理解して欲しいとずっと言い続けてますが
もう60年以上凝り固まった性格ですから
それですぐ父が変わるのは難しいと思います。
だったら、自分が変わるしかないかなぁと最近開き直ってます。
父もほぼ無趣味でずっと家に居るので、どこか出かけたり
趣味を見つけて欲しいと促しますが、聞く耳持たずですね。
それだけ仕事一筋に頑張ってきた証拠なのですが・・・・
あまりこちらが気にかけても父にとっては煩わしいだけなので、
放っておくようにしてます。嫌味は言いますけど。
何か興味があることがあれば、なるべく私達家族でも一緒に
出かけられることをしたいと思ってます。
やっぱり父親だけになってしまったので寂しいだろうし、
これで今父も居なくなってしまったら、私は、母の時以上に
後悔して辛いだろうと思います。
あまり参考にならなくてすみません。。。
本当に母親の存在は大きいですね。
特に何歳になっても、娘と母の関係は特別なものがあると思います。
私も心の支えを失って、こんなにも自分が弱くて
母の存在は大きかったんだと実感してばかりです。
なかなか今の状況は難しく辛いとは思いますが、
同じ気持ちの人がいることが分かってちょっと心強いです。
お互いに頑張りましょう。
また愚痴ってくださいね。

2008/02/28(Thu) 01:09 | URL  | 黒コギ #StTObYlw[ 編集]
私も悩んでます 愚痴きいてくれる?
久しぶりなので覚えていらっしゃいますか?
母が亡くなって半年になろうとしています。
無性に母の声が聞きたくてまだ涙の出る時もたくさんあります。会いたいですね。どのくらいの時間がこの気持ちを癒してくれるのだろうかと思う毎日です。
68歳の父が田舎で一人暮らしになってしまって、私も結婚して家庭もあるし実家まで車で一時間はかかる距離。父のことが心配で毎日電話したり土日に予定の入っていない日は必ず行くようにしたり私なりにがんばってきてたんですが、ついに衝突です。母が生きていたころは父のことは母を通してみてきたというか父はとてもワンマンな人間で傲慢な人。母が亡くなって父と直接接するようになって私はほんとどうしたんだろうと自分が抑えれないくらい腹がたってしょうがないんです。父なりに残りの生活をどうのりきろうか子供たちに迷惑をかけないようにしようとかいろいろ思っているみたいなんだけど、もともと無趣味な人で家でごろごろしているし、麻雀しか楽しみがなくて、時間もお金も持て余して無駄なことばかり。そのくせ威張り散らす。親なんで感謝はしているんだけど、こんな老後を送っている父をどうしても尊敬できなくてやさしくできないんです。わたしはこんなに心配しているのにお父さんはぜんぜんこっちの気持ちをくんでくれていないってすごく思ってしまっていた私。
だからいけないんでしょうかね。黒コギさんより年上なのに全然大人の対応ができていないですよね。自分が変わらないといけないですよね。私もがんばってみますね  母親ってホント存在が大きいなぁとおもいます。この年になっても精神的にはかなり頼っていたのかも。なんか心の中の軸みたいなものがなくなってしまったみたいでどうしていいかわからないんです。黒コギさんはどうですか?これって周りに甘えすぎてるってことなんですかねぇ
こんな自分をどうやったら変えれるでしょうか?
2008/02/27(Wed) 14:34 | URL  | いとうちゃん #-[ 編集]
私も見てました。そして私も「黒コギさん、見てるかな?」と思っていましたよ。
「忘れるということはとってもいいことね」と言っていた三輪さんの言葉が印象的でした。でも私は少々父のことを忘れすぎてるかな、と少し反省。お正月以来お墓参りも行ってないし、ご飯も週に2回くらいしか炊かないのでお仏壇のお供えもおろそかになってきています。父よ、許せ・・・と心の中では思っているんですが・・・
黒コギさんのお父様はやっぱり黒コギさんをいつまでも手元に置いておきたくて仕方ないのではないのかな、と思ってしまいます。嫌味はその裏返しでいつか一人立ちして出て行ってしまうのではないか、と実は不安なのでは?と・・・
2008/02/19(Tue) 08:05 | URL  | piro #-[ 編集]
私もオーラの泉みましたよ。
見ながら黒コギさんも見てるといいなぁと思ってました。
美輪さんの良い思い出だけを…この言葉、私も反省させられましたね。
理由は亡き父の事を今でも嫌いで、思い出すのは悪い事ばかりで
オーラを見た後、主人に「父の良い所って何かあった?」と言ってました。
でも、黒コギさんのお父さんは愛情たっぷり
ただ愛情表現が行き過ぎてるだけのような気がしますね。。。
奥様を亡くして、娘さんまで手放したくない気持ちが強いのかも…
2008/02/18(Mon) 08:50 | URL  | donasama #a2H6GHBU[ 編集]
黒コギさん
私もオーラを観ました。
私は主人に置き換えて考えて、観ていました。

たまたま今週末お寺の方に似たような話を聞いたばかりだったんですよ。
その方は数年前にお父様を亡くされたとの事で、
「不思議なもので、今は良い思い出しか出てこないんです。 
いやな部分もあったのに、それさえ愛おしく思い出します。
なので、自分の中で父が仏様になったんだと思うようにしています。」
とおっしゃっていました。

同じようなお話しだったので、印象に残りました。
私にも必要な言葉だったのかもしれません。
2008/02/18(Mon) 00:32 | URL  | じおんの妻 #-[ 編集]
黒コギさん、こんばんは。
ブログにコメントありがとうございました。
コメントは寄せませんでしたが、ブログ見てましたよ。
自分に必要な言葉は、自然と伝わってくる、と言うのは、本当ですねー。
僕も、そんな経験、何度もあります。
お父さんとは、なかなかうまくいかないようですが、将来の事考えて前進しているのを見ていて、勇気をもらっています。
お父さん、寂しいし、本当に心配なんでしょうね。
何となく、そう感じました。
お父さんの誕生日を聞いてびっくり!僕と同じ誕生日でした(笑)
同じ誕生日同士と言う事で、ちょっと共感してしまったのかもしれません。
でも、いつか子離れしてもらわないと困りますね。。。
これからも応援しています。
2008/02/16(Sat) 23:30 | URL  | west #0ecWsDRU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。